サバゲの動きで役立ちそうな動画を紹介 目指せ脱初心者その②

またまたYouTubeで役立ちそうな動画を発見したので紹介します。
大門団長マジでわかりやすいので初心者を脱したい人も、自称中級者も、達人レベルに達している方も一度見てみるのをお勧めします。


動画の中身の説明は特にせずにちょっとコメント程度を書かせていただきます。
まずは2:30辺りの初心者あるあるな動きの演技が完璧すぎます!
この動きをしてしまってる初心者を今までに何人HITしてきたことやら(笑)

動画内でも出てきた撃ち合いは避けろってのはマジで同意。
特に最近は大戦期装備で頑張っている自分としては正面同士の撃ち合いはまず勝てません(笑)
如何に撃ち合いをせずに倒すか。
相手の隙をついて、横から撃つのを基本としてます。
相手の横に移動するには前に進むしかないので移動方法、相手から死角になっている位置を意識しながらサバゲをすると上達すると思います。

半分くらいの地点で言ってましたが、「味方に付いていってください。」っての、いや、ほんとに付いてきてください。
開幕でダッシュして有利な位置を取って味方が来るのを待ってたら、後方の味方から撃たれるってのがたま~にあります。勘弁してくれ(笑)
話は少し変わりますが、自衛隊関係の方と同じチームになった場合、突出した場合でも必ず付いてきてくれるので頼もしいですね。
「頑張っている味方を孤立させるわけにはいかない。」って言ってたのが凄く印象的でした。
私も味方が突撃した場合は必ず付いていくようにしています。
一人突撃はただの的になってしまいますが、二人、三人となると話は違います。
実際の軍隊でも歩兵の突撃ってのは多用されていました。
日本軍の万歳突撃ばかりが有名ですが、米軍でもドイツ軍でもその他各国で行われている戦法です。
複数人で一気に攻め込むのは有効な戦術なので皆さん味方の突撃時には付いていきましょう!

最後まで記事を見てくれたあなたには動画内に出てきていないテクニックを私から一つ伝授します。
「敵に発見されていない状態での索敵はゆっくり動きましょう。」
人間の目と言うのは視界の端で素早く動くものに対して反応してしまいます。
折角敵が気が付いていない、斜め方向やブッシュ又は山中で先に見つけても、慌ててしまい素早く銃を構えたら敵に発見され反撃されることとなります。
なので、なるべくゆっくり、風で木が揺れているのかなっと錯覚させれるくらいのスピードで動きましょう。
そして、ジックリ狙って一発でズドン!と出来れば完璧でしょうが、そこは射撃能力なので何とも(笑)



スポンサーサイト



サバゲの動きで役立ちそうな動画を紹介 目指せ脱初心者

YouTubeの「大門団長のレベルアップサバゲー」ってチャンネルで発見した初心者向けのサバゲ講座が分かりやすくていいなって思ったので紹介します。
先ずは是非動画を見てください。
動画さえ見ればこの後に続く私の記事など素っ飛ばしてくれて問題ありません。


動画内で紹介されている立ち方、射撃方法など私もチームでサバゲに行った時に数回サバゲに参加経験のあるメンバーに教えるテクニックでした。
バリケードに張り付いたら常に身体は敵側に向ける、ついでに銃口も敵陣地側を向けておくとか。
構えたままバリケードに隠れて、構えたまま顔を出したら即射撃。
とかとか分かりやすく紹介してくれています。
442Co.のメンバーの中にもこのテクニックについて言われた経験のある方は数名いるんじゃないかなーっと。私の下手な説明よりも14分の動画見た方が分かり易かったかもな(笑)
しかし、私は初参戦の人にはこんな小難しいことは言わず「とにかく撃ちまくって楽しんで来い!」としか言いませんよ。

個人的に一つ同意できないテクニックが出てきたので反論しておきたいなと思います。
動画内の11分あたりで登場するストックを態と肩から外して撃つUABスタイルと呼ばれる射撃方法。
正直、初心者でこれからサバゲを楽しんで行こうとしている方にこの射撃方法を紹介するのはどうかと思います。
私がただUAB(Ultimate Airsoft Battle)スタイルが嫌いだってのもあると思いますが、まずは正しい射撃方法を身に着けるべきだと思います。
いっぺんそれで実銃撃ってみろってんだ!怪我すっぞ!

自分の銃の構え方

先日お邪魔したピーチな気分で沢山の写真を撮っていただけていたようで、インスタグラムの方で見ることが出来ます。
私が写っていた写真はなんと!20枚!
多すぎませんか?(笑)黄色Tシャツで目立っていたせいでしょうか?(笑)
ちなみに20枚の内、銃を構えている写真が9枚。
構えている写真の8枚が左で構えていました。
あれ?私って左利きなのか?

せっかくなので自身の銃の構え方を評価してみたいと思います。
20200928.jpg
20200928-2.jpg
う~ん。60点。
この構え方で実銃を撃つとたぶん吹っ飛びます。
ストックやホロサイト辺りで顔面強打なんてことになりかねません。

自身のことなので少々辛口の酷評します。
悪い点
①ストックを当てる位置が高い
②頭が傾いている
③棒立ちになっている
良い点
①サイティング時も両目を開けている
②左右で違和感が無い

以上が写真を見た私の感想です。
・悪い点を改善するには
①もっとしっかりと銃を抱え込むように持つ。
 ストックの長さが短すぎるのが原因かも、少し伸ばしてみよう。
②もっと頭を前に突き出すイメージで。
 ストックの位置が悪いのが原因か。
③もう少し猫背気味に構えないとダサい。
 カッコいい姿勢が維持できないのは筋力の低下が原因か。

今日から筋トレします。マジで。
私が持っている銃の中では比較的軽い方のM4A1 MWSでこれでは冬用の次世代M4やガーランドでは構えたままの姿勢維持がままならなくなってしまうのでは。

そうは言ってもサバゲで使用するのは玩具のエアガンですから実銃の様に構える必要は全く無いのかもしれませんが、折角の大人のごっこ遊びなんですから本気で成り切りたいですしね。
最近よく見る肩の上にストック乗せてるのとか許せない系なんです。
その方が持ちやすい&命中精度が~、とか言われても鼻で笑ってしまうでしょう。
もし私の考えに賛同できなく、サバゲフィールドで実銃だと~何て言ってるのを聞いた場合は、「はぁ?これはサバゲで遊びやぞ?馬鹿じゃねーの?」って心の中で突っ込みでも入れていただければ。

二回目になりますが筋トレしよ!冬にガーランド振り回しながら山に登れるようにトレーニングや!
遊びに行って、全力で遊べないとか悲しいからな!


前回のサバゲの感想

前回のサバゲの感想 その②

フレンドリーファイヤーとは友好的な射撃ではない。
実は前回のサバゲで受けたフレンドリーファイヤの回数は3回HIT、2回は未遂でした。
?????なんで?????
赤チームで真っ赤なTシャツなのに後ろから良く撃たれます。
私の立ち回りが悪いのでしょうか?
特に個人でサバゲに参加した場合の味方から撃たれる率は異常に高いです。

今回も最前線で戦っていたら靴を後方から撃ち抜かれ…
味方さん「ワンダウン!!」
復活有だったためトボトボと自陣へ
しかし、味方さんは完全に敵を倒した!してやったり。って顔をしていたので一言。
私「フレンドリーですよ?」
味方さん「うぇええええ!」
目玉が飛び出しそうなほど驚いていました。

他にも中央通路を突破し、逆サイドの敵に十字攻撃を仕掛けて大半を倒し、一人に隠れられてしまい撃ち合いをしていると。
私の後方から味方さんが私のいるバリケードに走りこんできて。
ズドン!ナイスHIT!でも味方ですよ…
こちらの方は撃った瞬間に気が付いてくれてはいました。

もう一つ。フレンドリーファイア未遂について。
一階エリアを制圧し、二階に敵後方から突入。
敵さんを後方から撃ち全滅させた後。
私「赤でーす。撃たないでくださーい。」
敵陣側から味方エリアへ
私「こっちのエリアクリア、後はあっち側確認しましょう。」
味方さん、銃口を私に突き付けながら「撃っていいですか?」
私「なんで?」(真顔)
味方さん「え?……あ!」
なんてことがありました。まぁ確認してくれたお陰で撃たれませんでした。

ちなみにこんな格好です↓
20200812.jpg
どっからどう見ても赤のはずなんだけどな~
前に出すぎなんですかね??

銃の構え方について

皆さん、どうもです。
ちょっとゲーム中の写真を拝見していてずっと気になっていたことがあるので記事にしてみようと思います。

ゲーム中の写真ですがサバイバルゲームフィールドによってはスタッフが撮影してくれていることがあります。自分たちのフィールドの宣伝のためでしょうが、自分たちが参加した日のゲーム写真を後から見てみると気が付かない間に撮影されていたりと面白い写真が撮れていることがあります。

その中から前々から気になっていたこと(愚痴っぽくなるかも)について書きたいと思います。
先ずは自分の自画自賛から
20191124-2.jpg
どうでしょうか。
なかなかカッコよく構えることが出来ているのではないでしょうか。
アクションカメラが少々浮いていますが、ガッシリ、どっしり構えることが出来ており、もしこれが実銃であったとしても問題なく射撃可能な状態ではないでしょうか。
撮影してくれたスタッフさんありがとうございます。

それに対して初心者の方の構え方を見てみましょう。
20191124-4.jpg
彼はまだサバゲ歴二回目のバリバリの初心者です。
これからもっとカッコよくサバゲに参戦できるように教えてあげるべきでしょう。(うるせぇって言われたら辞めますが…)
この写真から指摘したいポイントは3つあります。

① ストックをしっかり肩に付ける。
銃を両腕で支えるのではなく、肩とハンドガードを握る腕(この場合左腕)でしっかり支えて、トリガーを引く手(この場合右手)は添えるだけ。そうすることにより射撃時の左右のブレが軽減されます。支えている部位を全く動かさないですからね。
また、長時間構えた時の疲労度も全然変わってきます。腕のみでなく全身で銃を持つことになりますから。
② 頭を傾けない。なるべく真っ直ぐのまま構える。
首を傾けてしますと銃自体も斜めになる場合があります。我々の使用しているエアーガンはホップアップ、弾を回転させることによりより飛距離を伸ばそうとしています。野球で例えるとストレートボールの形で撃ち出しています。
しかし、銃が傾くとストレートではなくカーブだかスライダーのような状態になってしまい真っ直ぐ弾が飛ばなくなってしまいます。実践的な意味合いとしては頭を傾けてしまうと視界が狭まってしまったり他の行動に即座に移れなくなるそうです。急な接近戦になったりなどなど、サバゲでは関係ないかもしれませんが。
③ 構えた時に壁よりも銃口が出ないようにする。
サバゲをしていると壁や窓から銃口の横だけが見えている状態をよく見かけると思います。構えている側からは正面の敵を射撃しているだけですが別の角度の敵に自分の居場所を知らせることになってしまいます。なるべく相手に見つからないようにする方が自分自身を守るためにも必要なことなのではないでしょうか。

後、最近よく見かけるベテランサバゲーマー風の方の構え方について。20191124-3.jpg
うちのチーム外の方の写真を勝手にUPしています。なるべく個人を特定できないように加工したつもりですが問題があれば連絡ください。
さて、こちらは射撃している場面の写真なのですがストックが完全に宙に浮いている状態になっています。なぜこのような構えになるかと言うと身体はなるべく壁の後ろに隠したまま銃だけを出して撃ちたい。でも狙うためには頭は出さないといけない。でも身体は出したくない。の結果、銃と頭だけを遮蔽物の向うへ出し、身体は出さずに射撃をしているからですね。
無反動の銃を使い、勝つことに拘ればこのような構え方、射撃姿勢になってしまうのでしょう。

反動大好き、ガスガン大好き、射撃制度なんて無視して反動強度アップの改良パーツを組み込んだりしてる私とは根本的に考えが違うのでしょう。サバイバルゲームは本物の軍人もしくは映画の登場人物みたいな動きしてる俺カッケーをする場だと思っています。俺つえぇえをする場ではないと思っています。
俺つぇぇええを突き詰めていきすぎると必ずゾンビ行為などの違反行為に発展すると思うので、そういうことのないように楽しみましょう。

まぁ色々と書いてきましたが、今回のテーマは銃の構え方についてです。
カッコよく構えたければ前者の、カッコ悪くても勝ちに拘りたいなら後者の構え方を参考にしてください。
願わくば前者のカッコいいサバゲーマーが今後増え、後者の勝ちに拘るサバゲーマーが減っていくことを願っています。

最後に敵陣に突撃するときも構えを崩さない俺カッケー!
20191124-1.jpg



プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR