2021.10.24 HIVEに行ってきました。その2

この間のサバゲでの感想文です。
言いたいことは2つあります。

①自身の射撃能力の低下
今回のサバゲは約4カ月振りとのことで精密射撃が全く上手く出来ていませんでした。
ちゃんとしたガンカメラを搭載したことにより帰宅後にゲーム中の射撃を見てみると、撃ってる場所がバラバラ(笑)
左側に逸れていることが多々ありました。
相手をロックした後もなんだか揺れていたりと下手っぴになっていました。
ガンカメラについてはまた今度記事にします。

②電子トリガーの脅威
電子トリガー搭載の電動ガンを使っている方が今までと比べてかなり増えたような気がします。
電子トリガーの最大のメリットはキレの良さですね。
引き金を軽く引くだけで弾が発射されます。
使ってる人曰くPCのマウスをクリックしている感じだそうです。
キレが抜群のためセミオート限定でも撃たれてる方はまるでフルオートで撃ちこまれているような気分になります。
近距離でも滅茶苦茶撃ってくるの勘弁してくれ。

こんなところですかね。
この日は人数が多くてあまり攻め込んだり走り回ったりが無かったので筋肉痛は右腕だけでしたね。
普段の筋トレの効果だったのか、ただ運動量がいつも以下だったのか。
次回のサバゲはたぶん11月末~12月初週あたりかと。
いよいよ冬サバゲなので空挺部隊で出撃だ!


スポンサーサイト



2021.10.24 HIVEに行ってきました。その1

本日、久しぶりにサバゲに行ってきました。
今回行ったのは大阪と奈良の県境あたりにあるサバゲ場「HIVE」さんです。

今日の来場者は約90人とかなり多かったですね。
みんなコロナが収まるのを待ってたんでしょうね。
多少コロナが収まったとはいえゲーム中以外は基本マスク着用しており、みんなマスク着用が癖になっているようでしたね(笑)

色々と書きたいことがあるんですが今日は久しぶりのサベゲで予想以上に疲れたので一言だけ。
「またカメラの保護カバーが割れた。」
次はポリカーボネート性のカバーをオーダーメイドで造るしかないか

では、おやすみ~zzZ


2021.0710 グラウンドゼロ大阪 サバゲ感想

先日のグラウンドゼロ大阪プレオープンに参加した時の感想を記事にします。
20210712.jpg
当日の参加者は約20人と少人数での戦いとなりました。
グラウンドゼロ大阪は約1万坪の広大な野外フィールドなのでジックリと潜伏されると見つけるのは一苦労です。
今回のゲームで特に感じたのは自身の索敵能力の低さでした。
日本の夏の森に自衛隊迷彩は本気で探しても見つけられないくらい風景に溶け込んでいました。
射撃音から凡その方角、距離の見当を付けてから探すのですが全く分からなかったです。
チートの使用を疑うレベルでしたね。

達人レベルのスナイパーも相手チームにいてボコボコにされました。
シモ・ヘイヘさんでもいたのかな?
凄腕スナイパーの正体はセーフティで近くの席にいた50~60代くらいのおじさんでした。
射撃能力の凄さは言うまでもないのですが、潜伏能力の高さ、我慢強さがピカイチでした。
こんなことがあったので事例を紹介
私はバリケードを利用し敵陣側にドンドン進撃し、敵陣深い地点のバリケードに入りました。
実はこの時、真横5mくらいの位置の森林の中に隠れていたのです。
このときスナイパーは微動だにせずチャンスを伺っていたようです。(コッキングしていなくて撃てなかったらしいです。)
私が前方と撃ち合いになってからゆっくりと弾を装填、この時にコッキングの音が私の耳に届いたので横を警戒したのですが発見できず。
再び前方に私の注意が向いてからズドン!
見事にやられてしまいました。

やはり森林エリアではいかに動かずに戦うかが重要なようですね。
特に夏の草木が生い茂っているときは。
冬の草木が枯れている時の戦闘とは一味違うスリリングな戦いでした。


2021.0626 HIVEに行ってきました

緊急事態宣言が発令されていたので自粛していたのですが、宣言が解除されたので久しぶりにサバイバルゲームに参加してきました。

今回参加させていただいたサバイバルゲームフィールドは奈良と大阪の県境付近にある「HIVE」さんに行ってきました。
「HIVE」は殆どが市街地で極々一部にブッシュが存在するCQBフィールドとなっております。
私がこちらのフィールドに参戦するのはこれが3回目くらいかと記憶しています。
たぶん二年ぶり三回目の参戦。


二年前と比べてフィールドが色々と改良されておりました。
まず最大の違いは、新市街なるものが出来ておりました。
バカでかかった駐車スペースを少々削って新しいフィールドが出来ておりました。
新フィールドの特徴としては真ん中に大通りがあり両脇に家?商店?が立ち並んでいるイメージでしょうか。
真ん中の通りには車が数台配置されていました。
真ん中にドカーンと道があるので中央ではロングレンジでの戦いが繰り広げられ、両サイドではCQBの戦いが起こりつつ、対角の撃ち合いもあると言ったところでしょうか。
こちらのフィールドは午前中に4戦使って終了でした。

以前からある旧市街の方もかなり改良がなされておりました。
2年前に参戦したときと比べバリケードの増築がなされておりました。
以前よりも安置が増えたイメージです。
個人的に最近他のフィールドでよくある壁に穴を増やしたりして安置を減らす改悪ではなく、「HIVE」さんの改装は改良されていると思いました。
旧市街には極一部を除いてロングレンジの戦いは発生せず、もし遠くから狙われていても身を隠して近づくことが可能だったり、回り込みが出来たりと私好みのフィールドになっておりました。

サバゲフィールドとしてはかなり高く評価できるのではないでしょうか。
一つ引っかかる点があるとすれば、朝始まるのが遅い所です。
ゲートオープンが10時、荷物の搬入も10時からで10時45分から朝のブリーフィングスタートなので搬入開始から着替え、バッテリーや弾込め、弾速チェック、光学サイトやHOPアップの調整などなどの準備に割ける時間がかなり短い所です。
初心者を連れて行って、初心者の銃の調整や扱い方のレクチャーを行う時間がほとんど取れないのじゃないかと危惧されます。
なのでこちらのフィールドは自分の準備を自分で完璧にこなせる自称中級者以上のメンバーのみで行こうと思います。


続いてこの日のゲームについて
集まっているサバゲーマー達のマナーが非常に良かったです。
特に私と敵対関係にあった赤チームの方々!
サバゲプレイヤーの心得とでもいうのか「Hitを取った人に賞賛を、Hitコールをしてくれた方に感謝を」を実践されている方々ばかりで勝っても負けても気持ちのいいゲームばかりでした。

唯一残念だったのが黄色チームに赤のTシャツ、赤の靴というチームを誤認してしまうような格好で参加されていた方がいたことです。
チームカラーを誤認させるような格好は極力避けるべきだと改めて思いました。
実は私、二回ほど誤射しました。
ゲーム後半の両軍入り乱れて相手の背後を取っているのか、更に回り込まれて取られているのか解らなくなり始めてから上記の方の背後から近づき、上腕の色を確認後、赤と判断して射撃したところ味方だったと。
セーフティで誤りにいったところ
「誤射して申し訳ない」
「おう」
ってなやり取りがあったのですが、正直言えばお前が「ややこしい格好していてすみません」と謝れって気分でした。
このやり取りを見ていた赤チームの方からは誤射しても仕方ないよとフォローされました。
たぶん赤チーム側でもかなりややこしくて文句がでていたのでしょうね。
朝一の地点で運営に言ってチームを変えておいてもらえばよかったと反省ですね。
もしかしたら赤チームになったら黄色の装備に着替えるのかもしれませんが(笑)

442Co.ではこのような悪質な装備は私が許しません。
例えそれがネタパッチのようなものでも、ぱっと見で相手チームの色合いに見えれば外していただきます。
自分が楽しければいいの精神でサバゲは出来ません。
相手がいてはじめて出来る遊びですから相手も楽しく自分も楽しいそんなゲームに出来るようにお互い努力しましょう。



2021.0418 グリーンキャニオン

2021.0418に行ってきた大阪グリーンキャニオンさんでのサバゲの感想文

天気予報では当日、晴れ降水確率20%と天候は問題ないと思っていたのですが最終ゲーム付近で一瞬だけ雨がぱらつきました。
雨が降ったからと言って戦争が中断するわけではないのでもちろんサバゲも中断はありません!
店の方針で雷の時は中断するそうですが。
グリーンキャニオンは元ゴルフ場なので山の上にあるちょっと開けた場所になるので人が立っていると雷が落ちる可能性があるので仕方ないですね。

この日の集まった人数は約60名。
自分も含めてですがソロ参戦の方もチラホラいらっしゃいました。
元空自の方や私と同じ時代設定の装備の方とお話が出来て楽しかったです。

ゲーム内容に関して
どちらのチームにも結構な人数のレンタルガンを使っている初心者さんが入っていました。
始めたばかりの人は若い方ばかりだったので始めの数ゲームは動きに戸惑っていましたが、後半には体力に物を言わせてベテラン勢とも楽しくサバゲができていたのではないでしょうか?
両陣営とも攻守のバランスが良く、両チームともにフラッグまで到達するも防衛陣に阻まれてタイムアップってパターンが多かった気がします。

私の装備はまだ涼しいこともありww2米軍装備(空挺)を引き続き使用しました。
ゲーム中に私のことをウィンターズ中尉と呼んでくれるプレイヤーがいたのが非常にうれしかったです!
自分の装備のコンセプトを完璧に理解してくれるとマジでうれしいです(笑)
よく日本軍と間違われて訂正しないといけないので…。
ww2ドイツ装備の方との装備談議ではお互いの装備の妥協してる点を自己申告し合ったのが印象的でしたね。
私の場合は足元。
靴は21世紀仕様ですし、ゲートルは実は空挺部隊では使っていないしなどなど。
運営が撮影してくれた写真を一枚↓
20210422.jpg

前回改造して飛距離をアップさせたM1ガーランドについて
感想を一言にまとめると、めっちゃ飛ぶ!
40mは完全に射程圏内です。
変なホップを掛けることなく、真っ直ぐに約40m撃ち抜くことが出来ます。
グリーンキャニオンのシューティングレンジの最奥の小さな的を何度も撃つことが可能でした。
ゲーム中も相手が油断している距離から何人もHITを取ることが出来ました。
正直、ノーマルの次世代電動ガンよりも飛んでいると思います。

改造方法の記事は
こちら②

次回のサバゲはゴールデンウィークに行けたらいいなと考えていますが、緊急事態宣言もありますし、どうなるんでしょうね?

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR