自分の銃の構え方

先日お邪魔したピーチな気分で沢山の写真を撮っていただけていたようで、インスタグラムの方で見ることが出来ます。
私が写っていた写真はなんと!20枚!
多すぎませんか?(笑)黄色Tシャツで目立っていたせいでしょうか?(笑)
ちなみに20枚の内、銃を構えている写真が9枚。
構えている写真の8枚が左で構えていました。
あれ?私って左利きなのか?

せっかくなので自身の銃の構え方を評価してみたいと思います。
20200928.jpg
20200928-2.jpg
う~ん。60点。
この構え方で実銃を撃つとたぶん吹っ飛びます。
ストックやホロサイト辺りで顔面強打なんてことになりかねません。

自身のことなので少々辛口の酷評します。
悪い点
①ストックを当てる位置が高い
②頭が傾いている
③棒立ちになっている
良い点
①サイティング時も両目を開けている
②左右で違和感が無い

以上が写真を見た私の感想です。
・悪い点を改善するには
①もっとしっかりと銃を抱え込むように持つ。
 ストックの長さが短すぎるのが原因かも、少し伸ばしてみよう。
②もっと頭を前に突き出すイメージで。
 ストックの位置が悪いのが原因か。
③もう少し猫背気味に構えないとダサい。
 カッコいい姿勢が維持できないのは筋力の低下が原因か。

今日から筋トレします。マジで。
私が持っている銃の中では比較的軽い方のM4A1 MWSでこれでは冬用の次世代M4やガーランドでは構えたままの姿勢維持がままならなくなってしまうのでは。

そうは言ってもサバゲで使用するのは玩具のエアガンですから実銃の様に構える必要は全く無いのかもしれませんが、折角の大人のごっこ遊びなんですから本気で成り切りたいですしね。
最近よく見る肩の上にストック乗せてるのとか許せない系なんです。
その方が持ちやすい&命中精度が~、とか言われても鼻で笑ってしまうでしょう。
もし私の考えに賛同できなく、サバゲフィールドで実銃だと~何て言ってるのを聞いた場合は、「はぁ?これはサバゲで遊びやぞ?馬鹿じゃねーの?」って心の中で突っ込みでも入れていただければ。

二回目になりますが筋トレしよ!冬にガーランド振り回しながら山に登れるようにトレーニングや!
遊びに行って、全力で遊べないとか悲しいからな!


スポンサーサイト



ピーチな気分 2020,0926

昨日の「ピーチな気分」さんでのサバゲお疲れ様でした。
ピーチな気分 看板
我々442Co.からは私とJINさんの二人での参戦と少人数となりましたが他のチームの方々ともお話する機会も取れ楽しかったです。

「ピーチな気分」さんではいつもちょっと変わり種なゲームが多く、新鮮なゲーム展開を楽しむことが出来きます。
今回もまずはフィールドを何度も見れるように無限復活戦から始まり、ポリタンク戦、メディック戦(トドメ有り)、メディック感染戦、ノーマルなフラッグ戦と多種多様でした。
意外と面白かったゲームルールはメディック戦(トドメ有り)でした。
普通のメディック戦の場合、味方から何らかの方法(「ピーチな気分」さんでは各自のカウンターを20回プッシュ)で復活させてもらえるルールですが、トドメ有りの場合、敵に20カウント押されてしまった場合、完全に死亡となりゲームから除外されてしまいます。
このルールの場合、私がメディック戦で良く陥る自分の周りが敵ばかりor誰もいないまま時間まで待ち惚けってことがありません。
ちなみにこのルールで裏表の二戦しましたが、カウンターを押された数は40回でした。
察してくれていると思いますが、カウンターの内訳は2回トドメをさせられ、一度も復活をしていません。
敵にトドメは3回くらいしたと思います。(朧げにしか覚えていない)
トドメ有りの場合、味方が消される前に助ける&敵を消すために前に出るって状態になり全員積極的に前に進んでいたのではないでしょうか。
ゲーム中なのに暇ってことにならず熱い戦いが繰り広げられました。

この日の動画撮影ですが午後の前半のゲームでカメラレンズカバーを撃たれてしまい、撮影不可となってしまいました。
午後のゲームでのフラッグ戦ではフラッグアタックに成功したりしたのですが撮影が出来ませんでした。残念。
次回までに修理しなければなりませんね。
透明なプラ板を加工してかんばってみます。
20200927-1.jpg

9/26 ピーチな気分、参戦予定

明日は久々って言っても約1ヶ月ぶりのサバゲに参戦します。
今回も身体が訛りまくって全然動けないかもしれませんが(笑)
そこで今回は訛った身体に優しいあまり広くないフィールドを選択。
奈良県にあるサバイバルゲームフィールド「ピーチな気分」さんにお邪魔します。
ピーチな気分 看板
天気予報にによると天候は晴れ、降水確率20%、気温26℃と快適そうです。
気温26℃は動くと暑いでしょうが、程々に気温が高い方が怪我もしにくいですし、何よりもガスガンの動作が良いので◎。
たぶんゲーム中はまだまだ半袖で戦うでしょうが怪我には注意しましょう。
怪我を防ぐには顔周辺と靴の防御力を高めておくのをお勧めします。
決してクロックスとかのサンダルでやるのは止めましょう。
前にそれでズッコケて怪我しているのを見たことありますし。

映画「ミッドウェイ」見てきました

今回はサバゲとは関係ないですが、いちおうミリタリー物ということで映画の感想を書きたいと思います。

9/11から公開の映画「ミッドウェイ 日本の運命を変えた3日間」を見てきました。
サブタイトルが日本の~っとなっていますがアメリカ映画です。
監督はあのローランド・エメリッヒ監督!誰やねーん(笑)
代表作は「インデペンデンスデイ」「デイ・アフター・トゥモロー」など、こちらは有名ですね。

アメリカ映画だったので何というか大迫力の戦闘シーンに重きを置いたミリタリー映画でした。
戦争前の時代から映画が始まり真珠湾攻撃で戦争が始まり、珊瑚海海戦などは素っ飛ばし、ミッドウェイ海戦で終わるって流れでしたが、まぁ色々と雑ってか反日要素強いな~おい!って内容でした。
何で開戦前は友好的だったのに突然先制攻撃を行ったみたいな流れになっとるねん!「ハル・ノート」は何処へ行った。
完全に日本が悪者な描き方をしていました。
東京の街に空襲を行った兵士が中国に不時着し、民兵と共に行動中に日本軍の空襲を受けて、何故日本人は民間人を攻撃しているんだ国際法違反だぞ的なことを言ってるシーンがありました。いやいやいやいやお前何言ってんの?自分さっき東京に爆弾落としてたやん。攻撃されてた中国人は民兵もしくは便衣兵やったやん。それ国際法で禁止されてるで、発見次第即射殺でOKなやつやで。
まったく意味不明なシーンでしたね。
ミッドウェイ海戦のシーンでも日本の、飛龍の反撃は全カット。ホーネットが撃沈されたの一言で終了。
完全にアメリカ万歳するための映画でした。

空戦シーンとかは迫力のある映画でしたが、私の見たい戦争映画はそんなんじゃないんです。
迫力のある戦闘シーンとかが見たいならSF物の方がよっぽど見ごたえもあるでしょうし、ミリタリー物はそうじゃないだろ!って言いたいです。
もっと開戦前や戦闘前の作戦立案なんかの場面を重点的に描いている映画の方が好きですね。
指揮官など上官達の苦悩なんかを良く描かれていると更に◎。

そういえば山本五十六さんが親米の立場だったとかは少し描かれていました。
対してニミッツ提督が親日だった的な描写は一切なし。東郷平八郎さんとの関係は無かったことにでもしたいのか?真珠湾の資料館行ったらメッチャ分かりやすく挿絵付きで説明あったけどな(笑)

なんか批判的なことばかりになってしまったけど、この映画を評価するならば70点って所でしょうか。
戦闘シーンに興味があれば見てもいいんじゃないでしょうか。


久々の動画投稿

YouTubeに久しぶりに動画をUPしました。
2020.8.9に行った「ピーチな気分」さんでの動画になります。

午後に行われた籠城戦の攻撃側にスポットをあてております。
一番活躍したんじゃないかなーって所を抜き出したら籠城戦だっただけですが。
防御側も活躍したのですが電池切れで途中で撮影が止まってしまっていました。残念



実はこの動画作成のために新しく動画編集ソフトを購入しました。
お値段約¥3000のリーズナブルなのにしました。
編集時間約6時間
まぁまぁ頑張って作ったので見てください。

さぁ皆もアクションカメラで撮影しましょう!



ピーチな気分に行ってきました。

少し前の話になるのですが奈良県にあるサバゲフィールド「ピーチな気分」に行ってきたので、感想&フィールドの評価をしたいと思います。

フィールド名:ピーチな気分
所在地:〒639-0264 奈良県香芝市今泉1486-1
営業時間:8:10~ 開門
     ~16:30 フィールド閉門
利用料金:4000円/人
レンタル品:一通り全てあります。初心者・手ぶらOK
物販:弾・ガス・フェイスマスク 有

基本情報はこんなもんでしょうか。
少し気になるのはフィールド利用料金が4000円/人って所ですね。
昨今のサバゲフィールドにしてはちょっとだけ高い気もします。
物販はショップで購入するよりかはいくらか割り増し。これは全てのフィールドがそうだと思うので特筆するほどではありません。
営業時間が16:30分には閉まります。
しかし、最終ゲームが16:00~とかだったりするので実質片づけに使える時間は約15分と少々短く、最終ゲームまで参加した場合は慌ただしくなってしまいます。

「ピーチな気分」でのサバゲルール
・セミオート限定
・ゲリラ撃ちの禁止
・跳弾狙いでの撃ち込みの禁止
・セミオートでの連射も禁止(5連射まで)
・表のゲームと裏ゲームの間に休憩はほぼ無し(ヒットしたら次の開始地点(敵のフラッグ)付近のフィールド外で待機)
他のフィールドと違ったりする部分は以上になります。
無駄な弾の消費が無く個人的には好きなルールです。
夏場はガス使いの私としては2ゲーム連続で参加しようと思うと1ゲーム辺り70発程度に抑えなければ弾切れを起こしてしまいます。
普段以上に残弾管理の能力が試されました。
私個人的には高評価なルールです。

ここからは写真を交えながら私的な感想を書いていきます。
まずは受付から
20200902-1.jpg
場所が元ラブホだったこともあり、受付を見た私の感想第一号は
「完全に風俗の受付や~」でした。

次は、セーフティ
20200902-9.jpg
セーフティエリアはホテルの3階部分、この様な個室が複数ありました。
各部屋にエアコン・冷蔵庫・電子レンジ・ポットが完備されておりセーフティの快適性はトップレベルでした。
コロナ対策も一応行われていました。
対面に座る場所には保護シート、部屋はエアコン全開ですが扉は開け放って換気を促していました。(換気のせいで暑いがコロナ騒ぎがなくなるまではどうしようもないですね。)

次はシューティングレンジ
20200902-5.jpg
シューティングレンジの出来はイマイチ。私的には低評価でした。
奥のドアに一応金属の的があります。
正直、遠くて当たらない。
光の関係で何処に着弾しているのか目視出来ない。
このフィールドの交戦距離を考えればこんな遠距離での調整は全く不要です。
銃の動作確認程度にしか使えないってのが正直な感想です。

続いてフィールドについて
20200902-8.jpg20200902-7.jpg20200902-6.jpg
一階部分はこんな感じ。
それ程広くはありませんが、様々な障害物が用意されています。
車、板、土嚢、ドラム、ブッシュも少々。
あらゆる方向からの敵の襲撃に備えねばなりません。

続いて二階部分
20200902-4.jpg
20200902-3.jpg
ラブホの廊下、及び室内を豪快にぶち抜かれており侵攻可能です。
二階部分は室内CQBとしてはノーマルな感じでした。
私はこの日、一階を殲滅後に裏どりするために突入した程度でゲームとしての面白さや難しさを体験することは出来ていません。
二階は全て窓が閉まっており一階部分へ撃ち下ろすことはできません。
網になっており敵の侵攻を観察することは出来ます。
一階後方の味方へ情報を送ることは出来ます。
そこまでサバゲでやるかって言ったら微妙ですね。
無線ではどうせ高度な情報交換は出来ませんし。

全体的な感想としては、おおむね高評価です。
セーフティの設備は文句の付け所がありません。完璧です!(昼食のための箸を忘れたのにセーフティに設置されていました)
フィールドについても少々狭いかと思いましたが、復活ありのゲームも多く、狭いおかげで復活ポイントまで近く、また前線への復帰が短時間で行えるのは良かったと思います。
無駄な移動時間もなく、また体力の衰えを感じる私にはこのくらいでちょうど良かったのかもしれません(笑)
悪い点を挙げるならシューティングレンジと値段とアクセスって所でしょうか。
アクセスについてですが、私は京奈和道を使ってフィールドに向かったのですが、最後の最後で大ポカをかましてしまいました。
何をしたかと言うと、
20200902-10.png
ゴールまで後少しってところで間違って高速道路へ…
逆走するわけにも行かず無駄に一区間往復してしまいました。(たぶん¥800くらい)
香芝市街地側からアクセスするときは気を付けてくださいね。

私の家からは約2時間かかる場所にあるフィールドですが、再び訪れたいサバゲフィールドでした。
ちなみに2回サバゲに参戦すれば、なんと!三回目は無料!
三回目以降はどうなってるか知りませんが(笑)
それを知るためにもまた行かなければなりませんね。
次は442Co.のメンバーを引き連れて攻め込みたいと思います!


プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR