次回のサバゲは2/28

次回は442Co.としてではなく、いつもお世話になっている「たちょばな」さん率いるチームにお邪魔してのサバゲになります。
どうやら私を入れて5人とのこと。
442Co.からは私とたちょばなさんが参加になります。
フィールドは和歌山の「バトルランド1」、通称「バトラン」へ行ってきます。
バトランへの参加はたぶん2年ぶりくらいになるのかな?

この日バトランでは何やらイベントdayのようです
イベント名:「C-DAY」
イベント内容:昼食にカレーが出ます。以上
       各自、食器を持参とのこと

昔やっていた昼食サービスが復活するみたいですね。
私は辛いの苦手ですが大丈夫でしょうか?(笑)


スポンサーサイト



ICS製M1ガーランド分解 外装パーツ編

今回はICS製のM1ガーランドを分解していきたいと思います。
今回では外装パーツを全て外し、メカボックスを取り出すところまで。
後、トリガーロックが発生してしまった場合の解除方法も記載しておきます。
私は未だにトリガートックが掛かってしまったことが無いので正しい解除方法ではない可能性はありますが電動ガンの構造上間違いないと思っています。

20210217-1.jpg
まずは邪魔になるのでスリングは外しておきましょう。

前部パーツから分解していきます。
20210217-2.jpg
フロントサイトの六角を緩め、横にスライドするとポロリと取れます。

20210217-3.jpg
フロントサイトの下に小さなイモネジがあるので六角で外します。

20210217-4.jpg
これで前部パーツ(ガスケット)が取り外せます。
前回のサバゲではここがゲーム中に取れて危うく無くすところでした(笑)

20210217-18.jpg
前部パーツが外れたらハンドガード(?)と上部パーツも前にスライドして外していきます。

初めでも良いんですけどトリガーを外します。
M14とかと同じ機構らしいですね。
20210217-6.jpg
結構固いと思いますがトリガーガードを下向きに引っ張ります。
気持ち後ろ(ストック側)に力を加えるとスムーズに外れると思います。
20210217-7.jpg
しっかり開いた状態で取り出すと、
20210217-8.jpg
ポロリとトリガーが外れます。
これを取ってから次に進みます。

上部パーツを斜め上に引っ張りましょう。
配線が引っかかることがあるので力ずくでやってはいけません。
引っ掛かりを感じるときは一度戻し、バッテリー接続部を引っ張って配線が真っ直ぐになるようにしてから再度上部パーツを引き出してみてください。
20210217-10.jpg
トリガーロックが掛かった場合はここまで分解する必要があります。
写真の「これ」ってところがカットオフレバーになるのでこれを押しながらトリガーを押してください。
するとフルオートで撃てるようになるのでトリガーロックの解除が出来ます。
トリガーは反対の面にあります。
後で出てくる写真に写っているので出てきたら一言添えておきます。

次はバレル部分の分解に移ります。
20210217-11.jpg
まずはこのガイドを外します。
これまたちょっと固い。
20210217-12.jpg
外れたら写真に見えている+ネジを2本外して
20210217-13.jpg
なんて言うんだっけ?この棒
軽く突けば外せます。
すると↓
20210217-14.jpg
バレル部分が分解できます。
ホップアップの交換はここまで分解してからになりますね。
ホップアップについての記事は別にあるのでそちらを参照してください。

ここから先を分解する前に忘れがちなのですが
マガジンキャッチのスプリングを取り出すことをお勧めします。
20210217-9.jpg
ここも六角なのでイモネジを取り出すと奥にスプリングがあるので抜いておいてください。
ここを外さずに次に進むとマガジンキャッチのスプリングを痛める可能性があります。

メカボックスを取り出します。
この+ネジを外して
20210217-16.jpg
反対側の+ネジも2本外します。
20210217-15.jpg
ちなみにここがトリガーになります。
前述したようにカットオフレバーを押した状態で前にしっかり押してあげると銃が作動します。
もしそれでダメなら一度後ろにしっかり引っ張って内部のスイッチの位置をリセットしてから前に押してください。

3本の+ネジを外せたらメカボックスが取り出せます。
20210217-17.jpg
ここまでが外装パーツの分解になります。
バレル掃除やホップアップ交換などは自分で出来た方が良いと思うのでここまでくらいは自分で出来るようになることをお勧めします。
ちなみに必要な工具は六角と+ドライバーだけで十分でした。

次回はメカボックスの中身を拝見+飛距離アップの改造を施したいと思います。

ドルフロのM1ガーランドか…かわいいじゃないか

東京マルイ次世代電動ガンURG-1発売までもう少し

東京マルイの次世代電動30番目は「URG-1ソプモッドブロック3」
またまたM4系の派生の銃となっております。
発売日は2/18
アマゾンで注文した場合2/20に届くようです。

私も本物はまだ見たことないですが画像からの印象で話をさせていただきます。

URG-1.jpg

ハンドガード以外は普通のM4って印象ですね。
Mk18とかもそうですが、銃上部の20mmレールは面一で繋がっているのが今の流行りなんでしょうか。
レーシーライフルの頃はこの面一の形は珍しかったですが今はこちらがカスタムガンの普通となっている気がしますね。

ソプモッドって言うくらいなのでバッテリーはいつものストック内に二股バッテリーを使用するようです。
ニッケル水素バッテリーはヘタり易いのでリポ化するのが良いでしょう。
ソプモッドタイプはあまり大容量のバッテリーを搭載できないのがネックですね。


URG-1 アイアンサイト
なんだろう…。
このアイアンサイトのダサさは…。
まぁ光学サイト使うのが前提でアイアンサイトはおまけ何でしょうけど。

このタイプの銃にはデカくてゴツイ光学サイトが似合いそうですね。
たとえばこんなの↓
左は一番ごつくて似合うと思います。
使い勝手は微妙だと思いますが(笑)上のオープンサイトしか使わない未来が見えます。
真ん中もそこそこ。
ブースターを付けている人を最近見ないので個性を出すには良いのではないでしょうか。
右のは割とお勧めできるかと。
視野も広くこのタイプは逆光にもそこそこ強いですしね。

東京マルイさんにはM4系以外の次世代電動もドンドン出していただきたいですね。
M4シリーズとAKシリーズばかりでもっと変わった銃の次世代が欲しい所。
私の希望としてはM14とかどうでしょう?
トンプソンで出たら絶対に買います(笑)

2021.0130 グリーンキャニオンに行ってきたよ その③

前回グリーンキャニオンに行ってきたときの第2ゲームから少々書きたいことがあるので記事にします。
前の記事でも書きましたが、この日の第1ゲームでメインウェポンであるM1ガーランドのパーツを紛失し第2ゲームでは持ち込むことができませんでした。
そこで仕方なく、飾りのつもりで所持していたエアコキハンドガンで戦うことにしました。
エアコキハンドガンをサバゲに持って行ったのはこの日が初めてです。

まずエアコキハンドガンってのは何?ってのから
20210106-2.jpg
10禁と18禁が存在する手動でスライドを動かし、一回引くと一発発射することが出来る安価なエアガンです。
10禁で¥2000 18禁で¥3000程度で購入できます。
ガスガンと比べてもほぼプラスチック製のためかなり軽量です。

私が今回使ったのは画像の銃、東京マルイの18禁版M1911ガバメント。
弾は0.25を使用しています。
こちらのシリーズの最適な弾の重量は0.25だそうです。
それよりも軽い弾を使用した場合、ホップアップが強すぎ弾が浮き上がってしまうようです。

実際に射撃した感想は、飛距離は電動ガンと大差ないと感じました。
若干バレルがズレているのか狙った場所よりも左にズレる傾向がありますが安価なため仕方ない所でしょう。
脳内補正で頑張るしかありません。

ゲームで使用した感想
まず何よりも小さくて軽いのでスタートダッシュが超楽ちんです。
普段は全長1mオーバーの3.6kgもあるM1ガーランドを持っているので全然身軽さが違います。
さらにホルスターに入れておけば両手も使えるので崖もスイスイ登ることが出来ます。
この第2ゲームは下スタートだったので即崖に突入、一気に登り切り敵に接近される前に有利なポジション取りに成功しました。
元々飾りのつもりだったので替えのマガジンが無いので装弾数25発で勝負するしかありません。
敵がのんびりと坂を上ってくるところを横から射撃、数発かかりましたが何とか撃破出来ました。
ここで驚いたのですが初弾を外しても敵が全く私に気が付かなかったことです。
弾自体は遥か彼方へ飛んでいきましたが、射撃音で絶対に居場所が発見されると思ったのですが相手は全く違う方向をずっと警戒していました。
そのお陰でしっかりと狙って撃つことが出来、ほぼ同じ場所で2人撃破することが出来ました。
その後進もうとしましたが敵の防衛陣に阻まれ何も出来ませんでした(笑)
隠密性は高いのですが正面同士の撃ち合いでは全く歯が立ちません。

エアコキはとにかく隠密性に優れているようです。
エアコキスナイパーライフルも隠密性は抜群ですがハンドガンはそれに加え起動力をかなり高かったです。
もしハンドガンの購入を考えているなら先ずはエアコキから購入してみるのはどうでしょうか?
安いしサバゲで使わなくても見た目だけでもカッコいいですしね!
ガスガンは動作性もカッコいいのですがお値段が(笑)


私が小学生の時に購入したのは真ん中、M8000クーガーGでしたね。懐かしい。

2021.0130 グリーンキャニオンに行ってきたよ その②

前回はフラッグ取ったとかの成功例のことについて書いたので、今回はちょっとした失敗談について書いてみようと思います。

まずはこの日の失敗談
とにかく自分の装備、持ち物を落とすことが多かったです。
落とし物その①
ガーランドのマガジン×2回
マガジンを落としたシチュエーションとしては一度目はマガジンチェンジを行った時にうまくダンプポーチに入っておらずに伏せ撃ちしたときにポロリしていたようでした。(大戦期装備にダンプポーチは実は相応しくありません。そこはサバゲオリジナルってことで勘弁してください。)
二度目の転落はマガジンが上手く装填されていなかったのか銃から抜け落ちてしまっておりました。
そのせいでせっかく敵の横に忍び寄りチャンス到来だったのにマガジンが入って無く不発、空撃ちとなってしまい、慌てて再装填を行う羽目に…。
ちなみに私はマガジンをカバンに入れているので再装填に10秒以上かかります。
戦場では致命的ですね(笑)
現用装備であれば2秒もあれば再射撃可能ですが大戦装備は大変です。

落とし物そのその②
M1ガーランドのフロントガスチューブ+フロントサイト
かなり致命的な落とし物でした。
これが無いとどうなるかと言うと、M1ガーランド(本日のメインウェポン)が全く使い物になりません。
フロントサイトが無いので狙って撃てないのはもちろんフロントガスチューブが無いと銃自体がバラバラになります。
スリングベルトがあるのでなんとか引っかかるって状態でした。
なぜフロントガスチューブが落っこちたかと言うと、どうやら前回分解、清掃した際に一ヶ所六角の締め付けが甘かったようです。
超小さい六角一つ締め忘れるだけでここまで致命的なことになるとは、分解後の確認は大切ですね。
また、落とした場所が悪く、山中で外れたことに気が付きました。
山に登る前には射撃可能な状態だったため確実に山中に落としている状態でした。
今回は運よく山の土の上だったため発見することが出来ましたが、もし落ち葉の上に落ちていたら発見はより困難だったでしょう。
この落とし物が発生したのは第1ゲームでした。
第2ゲームではM1ガーランドを使うことが出来ず、エアコキハンドガンのみで戦うことになってしまいました。この話はまた今度。

今回の落とし物総額
¥8,889+送料
結構痛いレベルの落とし物でした(笑)
ガスバッファースプリングは見つけれませんでしたが、これの存在意義が分かっていないので無しでいいやってなっています。
分解したときに何故入っているのか理解できませんでした。
無可動部分に謎のスプリング、意味不明です。
ガイド的な役割なのでしょうか??

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR