CQB-R ストック破損について

前回サバゲに行った時にヤッちまったんですよ。
ストックカバーの爪をポッキリとね。
これやってしまうとバッテリー収納部分が剝き出しになってダサい状態+バッテリーポロリになりかねない状態になってしまいます。
20210728-1.jpg
写真上部に本当は爪があるんですけど、バッテリー収納時に配線が引っかかってボッキり折れました。
爪部分は樹脂製なので弱いです。
皆さん注意しましょう。
破損したのはサバゲ参加時だったので仕方なく養生テープでストックカバーが外れないように補強してゲームに参加しました。

今回は私が無駄に所持しているジャンクパーツ群の中に同一の物があるので取り替えて使用することにしました。
でも、一度あったことは繰り返す可能性があるので次回破損したときのために新しいストックの候補を探しておきたいと思います。

PTS Enhanced Polymer Stock
写真ではちょっと見た目が安っぽく見えますがレビューを見る限り悪くなさそうですね。
一番のメリットはミニSバッテリーが収納可能なところでしょうか。
ミニSが収納可能なら私が所持している2000mVのリポバッテリーが使えそうですね。
ネックになりそうなのは配線加工が必要なところでしょうか。
最近ハンダごてを覚えたので次のステップに進んでもいいんですけどね(笑)
後、値段が少々お高めってところですね。

安くてよさそう。
ミニSバッテリー入ります。
入れるとピンに干渉するので加工が必要です。
ゴミじゃん。

マルイの純正。
今使ってるのがコレですね。
マルイ純正がある意味間違いないんですが、何か高くね?
再生産してないんでしょうか?

一度このタイプも使ってみたい気もしますが収納できるバッテリーはスティックタイプのみになりそうです。
しかも配線加工も必須。
大きめのバッテリーを使用したい場合はバッテリーポーチを装着。

バッテリーポーチってのがこちら。
ラージバッテリーも収納可能なのでフルオートで撃ちっぱなしを頻繁にするプレイスタイルにはお勧めかもしれませんね。軽機関銃とか。
私の場合は一日遊んだ後でスティックタイプですらバッテリー残量が8割以上で帰ってから少々放電しないといけないレベルで撃たないのでこれは要らないかな~。

色々なストックを見てきましたが交換したい場合は配線加工の技術を身に付けないといけないようですね。
後ろだし配線めんどくさいので前出し配線に加工する方が早いかもしれませんね(笑)
後ろだし配線になった今もハンドガードの上に無駄だとわかっていてもバッテリーケース乗せたままですからね。

スポンサーサイト



2021.0710 グラウンドゼロ大阪 サバゲ感想

先日のグラウンドゼロ大阪プレオープンに参加した時の感想を記事にします。
20210712.jpg
当日の参加者は約20人と少人数での戦いとなりました。
グラウンドゼロ大阪は約1万坪の広大な野外フィールドなのでジックリと潜伏されると見つけるのは一苦労です。
今回のゲームで特に感じたのは自身の索敵能力の低さでした。
日本の夏の森に自衛隊迷彩は本気で探しても見つけられないくらい風景に溶け込んでいました。
射撃音から凡その方角、距離の見当を付けてから探すのですが全く分からなかったです。
チートの使用を疑うレベルでしたね。

達人レベルのスナイパーも相手チームにいてボコボコにされました。
シモ・ヘイヘさんでもいたのかな?
凄腕スナイパーの正体はセーフティで近くの席にいた50~60代くらいのおじさんでした。
射撃能力の凄さは言うまでもないのですが、潜伏能力の高さ、我慢強さがピカイチでした。
こんなことがあったので事例を紹介
私はバリケードを利用し敵陣側にドンドン進撃し、敵陣深い地点のバリケードに入りました。
実はこの時、真横5mくらいの位置の森林の中に隠れていたのです。
このときスナイパーは微動だにせずチャンスを伺っていたようです。(コッキングしていなくて撃てなかったらしいです。)
私が前方と撃ち合いになってからゆっくりと弾を装填、この時にコッキングの音が私の耳に届いたので横を警戒したのですが発見できず。
再び前方に私の注意が向いてからズドン!
見事にやられてしまいました。

やはり森林エリアではいかに動かずに戦うかが重要なようですね。
特に夏の草木が生い茂っているときは。
冬の草木が枯れている時の戦闘とは一味違うスリリングな戦いでした。


グラウンドゼロ大阪へ行ってきました。

2021.07.10グラウンドゼロ大阪のプレオープンに参加してきました。
新しく出来たフィールドに行ってきたような書き出しですが、実際には大阪グリーンキャニオンの跡地をそのまま使ったフィールドとなっております。
スタッフなども変わりなくオーナーが変更したとかなのでしょう。(直接聞くの忘れました。)
20210711.jpg

ちょこっと大阪グリーンキャニオンとは変更になっている部分もあったので紹介します。
1.駐車場
まずは駐車場がセーフティに近い、通称下の駐車場が有料となっております。
今までと比べて整備がはいって区画分けが明確になっておりました。
お値段は1台1000円、カーシェアで数人で纏まって来る場合はこちらを利用するのが吉かと。
上の駐車場とセーフティとを繋ぐ歩道が一部変更。
今まではベルトコンベアを歩行していましたが、経年劣化のためベルトが切れる可能性が出てきたとかで、ベルトコンベアは歩行禁止になり、下側を通れるように整備されていました。
新しい道の方が旧歩道よりも少々楽に上駐車場とセーフティを行き来出来るようになっていました。
2.セーフティエリア内
冷蔵庫、冷凍庫が完備されていました。
冷蔵庫は各自持ち込み物を入れてOKのようです。
これで食材を持ってきて昼休憩に鍋やミニBBQ何かもやり易くなりました。
冷凍庫はチューベットが入っており何と食べ放題!
プレオープンの日は20数名程度だったのですがチューベットの減りが予想以上だったようでスタッフが焦っていました。
もしかしたら食べ放題は無くなるかもしれませんね。
3.フィールド内
ゲームフィールドに大きな変化はありませんでした。
一部網が除去されており通れる箇所が増えていたりしました。
グレーゾーンがしっかりと確保されていたのが一番大きいかもしれません。
グレーゾーンはフィールドとセーフティの間のエリアで弾抜きなどを行うエリアのことです。
弾抜きを促す残弾ボックスがグレーゾーンの道中に2カ所設置されており確実にメイン、サブ共に弾抜き、セーフティの確認を行てからセーフティエリアに戻るとの安全意識の向上がうかがえます。
4.弁当
昼食の弁当についてですが

何だかんだ書きましたがほぼほぼ今までと同じでした。
もう一つ大きく変わったことがありました。
何と会員証がなくなりました。
渡されるのはポイントカードのみとなり当日の受付時には受付で名前をフルネームで書いて同意します&承諾しますにサインする形となっておりました。
一桁番会員証が欲しくてプレオープンに参加したので会員証がなくて残念でした(笑)
ゲーム中の感想はまた次回に!

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR