光学サイト チューブ型ドットサイド

光学サイトについて私的な意見を書いていきたいます。

今回はチューブ型のドットサイトについて紹介します。
そもそもドットサイトであったるんでしょうか?ダットサイトが正しいのでしょうか?
私はドットサイトと呼んでいますが、英語の発音だとどちらが近いのでしょうね。
意味が通じればどちらでも問題ないと思うので、ここではドットサイトで書いていきます。

今回はドットサイトの中でもチューブ型の物を紹介していきます。
私の持っているチューブ型ドットサイトはこちら

20200513-5.jpg

こちらの光学サイトはMP5専用の型になります。
他にも20mmレール(ピカニティレール)に取り付けるタイプが沢山あるのでそちらの方が汎用性があっていいと思います。
サイトを覗いた時の見え方はこんな感じです。

20200513-7.jpg

調整がバッチリ決まればこの赤い点に向かって弾が飛んでいきます。
私のMP5は東京マルイの従来型の電動ガンになります。
この電動ガンの良いところは弾が素直に真っ直ぐ飛ぶところですね。
左右、上下共に15メートルでバッチリ調整しているので5cm程度の的でもある程度の腕があれば外れることは無いでしょう。

チューブ型のドットサイトはある程度光量調整も効きます。野外の逆光であっても赤い点を視認することは可能です。さすがに太陽を覗くと見えませんが…。(目に悪いのでやめましょう)

他にも色々な種類があるので見てみましょう。
色々な見た目の物が売っていますが、基本的には自分の好みで選んで間違いはないでしょう。

個人的な意見としては、ハイマウントタイプは構えがブレるので苦手です。
頬付けして撃たないタイプになるので銃の構え方を変える必要が出てきてしまうのです。
上に紹介した商品で私が買うとすれば、真ん中。もしくは見た目が好きな4番目のドットサイトになるでしょう。
しかし、私が実際に買うなら多分こっち↓
実物系ですね。
値段が高いので初心者には手が出しにくいと思いますが、見えやすさが上記のレプリカ品と比べて段違いです。耐久力や防水性にも優れているので壊れにくいですすね。
しかし、撃たれた場合割れることがあるので保護カバーは忘れずに!お値段が高いので割られたらたぶん泣く(笑)
割れるとこんな風になります。中身は無事なのでそのまま使っていますが。
20200513-4.jpg

色々と書きましたがチューブ型のドットサイトは初心者にお勧めできる光学サイトだと思っています。
実際、私のチームの初心者には手ごろなチューブ型ドットサイトを勧めて問題なく使っております。
サバゲ初心者で光学サイトが欲しいが何を買ったらいいか分からない方は、先ずはチューブ型ドットサイトを買ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR