東京マルイ次世代電動ガンの初速問題

最近うちのチーム内で発生している問題について
東京マルイの次世代電動ガンを買って箱出しで即フィールドに持ってきた場合に初速が法定ギリギリのためにフィールドで使えないってことが度々発生しております。
たまに初速が法定オーバーなんてことも…。
私も一度ガスガンで整備不足が原因でやってしまいました。ごめんなさい。

東京マルイ次世代電動ガンは箱出しで初速が90台後半なんてことが良くあります。
気温が高くなるとパッキンの閉まりが上がったり、グリスの粘性が上がることにより更に初速が上昇する傾向があります。
季節に関係なく常に安全な初速にするためには90程度に設定しておくのが無難でしょう。
弾速計の機差も考慮して低い目に設定するのが間違いないです。
私は家での初速計測では上限92m/sと決めています。
20201001-3.jpg
ちょっと超えてますが、この程度が無難化と。
どんなフィールドでもマイ銃を使える方がいいでしょうから、自分で初速調整できるようになった方が良いでしょう。
是非一家に一台!弾速計!

大体¥5000オーバーなんですね。
自分が買った時の値段は全然覚えていませんが。

弾速計が手に入ったらいよいよ初速を落としてみましょう。
初速を落とすためには
①バレルの変更
②バネレートの変更
大体この二つで初速を変えることが出来ます。

今回は初速を落としたいので
①バレル編
 バレルを短くする
 バレル径を太くする
②バネ編
 バネを短く切る
 バネレートの低い物へ交換する

この辺りを実行すれば初速を落とすことが出来ます。
しかし、バレルやバネの切断には特殊な工具が必要なので工具が無いならお勧めしません。
私が初心者にお勧めするのは
①ルーズバレルへの変更
②パワーアジャスタの使用
この2点での初速調整です。

ルーズバレルとはバレル計が太目で設計されたバレルです。
本来はシリンジ容量UP+バネレートUPと併用し、飛距離を伸ばすものです。
単体で入れた場合初速が落ちます。
長さは自分の銃に初期に入っているものと同等の物を選べばOK
初期の物よりも長いバレルを入れると初速は上がるので注意。
弾はバレル内を進む間加速しつつけるので同じバネレートの場合バレル長が長いほど初速は上がります。
バレルの取り変えは各銃によって様々なので頑張って解体してみましょう!
バレル変更だけなら割と簡単ですよ。
ホップパッキンなども消耗品なので交換できるスキルを身に付けましょう。

次にバレルの交換が出来き初速を落とすことに成功したら、初速を良いところまで上げましょう。
初速アップを簡単に行うにはパワーアジャスターがお勧め。
この辺りのを入れてスプリングテンションを調整。
自分の望む初速に調整しましょう。
パワーアジャスターを入れまくっても初速が予定以上に落ちてしまった場合はスプリングレートの変更になります。
次世代電動ガンの場合、メカボックスを開けることになるのでメーカーサポートを受けることが出来なくなってしまいます。
修理も自分でやって楽しんでやるぜ!って方だけ挑戦してください。
メカボックスを開けてもショップでの対応はしてもらえるので安心してください。
ちょっと割り増し料金になりますが。

初速の調整は安全のためには必須スキルなので皆も身に付けましょう。
初速の法定オーバーは準空気銃所持になってしまい犯罪になるので気を付けましょう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR