リポバッテリー化について

CQB-Rを買おうかなって気になってきました。

そこでバッテリーの問題について記しておきます。
今まで私の使っていた電動ガンは全てMini-Sバッテリー対応の型になっていました。

純正のニッケル水素バッテリーが左、写真の悪い右が今使用しているリポバッテリーです。

リポ化した場合のメリット&デメリット
・メリット
①レスポンスの向上
 リポバッテリーは起電力が協力で電流が流れた瞬間から最大の電圧で起動するためモーターの起動が早いです。
②長持ち
 ニッケル水素のようなメモリー効果が発生しないので適切に扱うと何年でも同じバッテリーを使うことが出来ます。

・デメリット
①モーターやスイッチへの負荷が増大
 起電力が強力なためモーターやスイッチにかなりの負荷がかかります。
 スイッチ焼けを防止するパーツもあるのでそれを組み込むことをお勧めします。
②バッテリーの管理
 バッテリーの管理を怠ると最悪の場合、火災が発生します。
 膨らんで来たら要注意ってか処分をお願いします。
 管理方法は適度に電池残量を残すことです。目安は50%。
 一応80~20%くらいでいいらしいです。
 もしものためにリポバッテリー用の袋を用意しておきましょう。
 袋の内部で火災が発生しても延焼を防いでくれる安心袋です。

話が完全に脱線している。
CQB-Rのリポ化の話がしたかったに(笑)
ちなみにCQB-Rの純正バッテリーはこちら↓
なにかと問題の多いSOPMOD用ニッケル水素バッテリーになります。
ニッケル水素のデメリットはもういいとして、こいつの最大のデメリットは折れること。
見た通り二股に分かれているところがポッキリ逝くことがあるようです。

SOPMODタイプの電動ガンのリポ化に必要になるパーツを上げてみます。
この辺りでしょうか。
左のタイプの方がポン付け出来て簡単そうですね。

後はストックに収まるサイズのバッテリーを探せばOKです。
大容量(2000mA)の中華製にするか、安心の日本製(1200mA)にするか悩みどころですね。
私はあまり弾を撃たない派なんで1200mAもあれば十分な気もしますが(笑)

もし私がCQB-Rを購入した場合の出費としてはリポ化したいので+¥4000程度になりそうです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR