HIVEに行ってきました。

大阪府南河内郡にあるサバゲフィールド「HIVE」へ行ってまいりました。
このフィールドは2018年12月より営業している比較的新しいフィールドになります。

入会金:500円
一日のゲーム代:3500円
他のフィールドと同じ値段で一日中遊ぶことが可能です。(関西圏のサバゲフィールドがほぼこの値段なのは何かあるのでしょうか?)

ゲートオープンが9:00~と他のフィールドよりも若干遅い目だったので準備は急がないといけなかった印象です。
ゲーム開始は約10:30~ 終了時間は16:00まで
午前中に5ゲーム、午後から7ゲームくらい出来たと思います。

セーフティエリアは一言で言うと暑かったです。
扇風機が数台+井戸水がでるホースで水浴びを行い涼を得るしかありませんでした。
しかし、私がサバゲを始めたころの各フィールドのセーフティ状況を考えると、机があり、椅子があり、屋根があるってだけでも十分に充実したセーフティと言えるでしょう。最近は快適なセーフティに慣れ過ぎて贅沢病ですね。

hive 20190823-1

銃は写真のように壁に掛けて保存するようでした。沢山の銃が壁にズラリと並ぶ様子はサバゲーマーとして少々興奮するものが有りました。

hive 20190823-5

セーフティ内にはこのようなプールが用意されていました。
ゲーム終了後入らせてもらいましたが、冷たくて気持ちよかったです。井戸水らしいので衛生面は不明ですが。


次にフィールド内の様子について

hive 20190823-2hive 20190823-3hive 20190823-4

写真を見てもらうと一目瞭然ですね。ほぼ完全にCQBフィールドです。
奥の山は極一部フィールドとして使用できます。が、ほぼ建物内の戦闘になりました。
各建物にコンビニや銀行、バーなど名称もあり仲間同士で情報共有に役立つ仕掛けもありテクニカルなフィールドでした。
窓や扉の隙間など精密射撃を要求されるシチュエーションが多数発生、また敵も隙間から狙ってくるので高度な索敵能力が要求されました。
フィールド内の安全地帯を把握するのに数戦かかった印象です。
ある程度覚えてしまえばいつも通り動くことが出来たのではないでしょうか。ゲーム動画はいずれYouTubeにでもUPします。


総評
ゲームは多彩なシチュエーションがあり非常に面白かったです。
セーフティを快適に過ごすためには自分たちで各種準備が必要でしょう。
また皆で行ってみたいフィールドでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ナパチャット君

Author:ナパチャット君
和歌山、大阪を中心に活動しているサバイバルゲームチーム:442Co.の隊長っぽいマネージャーっぽい何かです。
隊員は約10名。もっと増やしたいと色々と考え中。
サバゲフィールドで出会ったらよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR